★資格予備校が難関試験突破を後押し!公認会計士試験は独学よりも講座利用がおすすめ!!★

公認会計士とは、監査および会計に携わる専門家で、その資格は弁護士や医師と並び、三大国家資格と称される、会計系最高峰の国家資格です。公認会計士の業務は、企業の財務諸表に不正がないかをチェックしたり、経営についてのアドバイス、税務業務等を行ったりと、そのフィールドは多岐にわたります。公認会計士試験は、マークシート方式の「短答式」と、記述を行う「論文式」の二つがあります。以前は20%近い合格率の年もありましたが、近年では、最終合格率が約9%となっており、難関試験といわれる理由です。専門性や難易度が非常に高い試験のため独学の人は少なく、ほとんどの受験生が資格予備校を何らかの形で活用しています。資格予備校では、合格のノウハウや情報の蓄積があり、一緒に勉強する仲間もできるため、試験合格へのモチベーションを維持することができます。また、公認会計士試験は相対評価なので、自分が受験生の中でどの位置にいるのかという情報を知ることは重要なことです。独学は、金銭面ではメリットがありますが、一人で情報収集を行わなければならず、受験生の中での自分の位置もわかりづらいです。さらに、ほとんどの受験生が資格予備校などを活用するため、元々公認会計士試験の市販教材が少ないことも挙げられます。資格予備校では、通学講座だけではなく、通信講座やWEB講座など、様々な受講形態があるので、自分にあった効率良い受講形態を探すことが重要です。興味がある方や気になった方は、まずは資格予備校の資料請求を申し込んでみてはいかがでしょうか。

公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現公認会計士 試験はコチラ