★医学部を選ぶ際は偏差値と自分の学力両方を加味し、適切な志望校を決定すること★

医学部を選ぶ際は、適切な志望校を選ぶことで目標を立てやすくなり、効率良く受験勉強ができます。その際に重要になってくるのが各医学部の偏差値と自分の学力を照らし合わせて適切な大学を選ぶことです。医学部受験は非常に難易度が高く競争率の高い選抜試験なので、自分の学力にかけ離れた医学部を選んでも合格を勝ち取ることは厳しいのが現実です。だからと言って上を目指してはいけないとうことではなく、今の偏差値から考えて受験日の目標偏差値をまず設定し、その範囲内で目指せる医学部を志望校とすることが最短で医学部合格を勝ち取るための手段となります。各医学部の偏差値等は大手予備校や偏差値ランキング系のサイトから確認することが可能です。国公立大学医学部は学費が安いのが一因となり、再受験生を含め多くの受験生が集中して偏差値が非常に高くなっています。したがって、国公立大学を目指す受験生は偏差値ランクが自分の学力に届く大学を選ぶと同時に、センター試験と二次試験の配点割合や試験科目などを考慮して、自分の長所が一番発揮できる試験制度を実施している医学部を選びます。国公立大学医学部の場合は、センター試験の結果で大学を変更することも可能なので、センター試験が良かった受験生はワンランク上を目指すのも良いですし、出来が悪かった受験生はワンランク下の医学部を受験すると良いでしょう。いっぽう、私立大学医学部は受験日程が重ならなければ、複数校受験することが可能なので必ず複数受験してください。一校に絞るよりも複数校を受験したほうが医学部合格を勝ち取れる確率は高くなります。そして、その際は偏差値順に本命校、挑戦校、安全校の3つの難易度の医学部を受験することがおすすめです。本命校は自分が一番生きたい医学部で、挑戦校はワンランク上の医学部です。そして、安全校は絶対抑えておきたい医学部です。挑戦校が受かれば大成功ですし、本命の医学部受験に失敗したとしても安全校に合格しておければ浪人を回避できるという計画です。各医学部偏差値から自分の目標偏差値を設定するときは、医学部予備校や高校の進路指導の先生など数多くの医学部受験生をサポートしてきた経験がある人に頼むと適切な目標偏差値および志望校が決定できます。

医学部 偏差値はコチラ

URL:xn--ekry3qey0c.jp